MENU

一般歯科・小児歯科

Dental caries/Pediatric dentistry

Dental cariesDental cariesむし歯

歯医者さんで最も一般的な病気がむし歯です。
むし歯菌により歯に穴があく病気で、進行すると「歯が痛い!」となり、「歯医者に行かないと」となります。
むし歯の症状は他にも色々あります。

  • 急に歯が痛む
  • 歯がズキズキ痛み出した
  • 冷たいものがしみる
  • 甘いものがしみる
  • 温かいものがしみる
  • 食べ物が挟まる
  • 歯が欠けた
  • 歯が黒い

また、症状が無い場合でもむし歯になっている場合もあります。検診でむし歯が見つかることも少なくありません。

当院でのむし歯治療における取り組み

当院でのむし歯治療における取り組み

出来るだけ痛くない取り組み

「治療が痛くて歯医者が苦手」「治療が痛いから歯医者に行きたくない」と言う方も多いと思います。当院では痛みの少ない治療を心がけております。

そのために必要なのが浸潤麻酔をすることです。ただ、この麻酔が苦手な方も多いです。当院では浸潤麻酔の痛みを軽減するために次のことを行います。

  • 「表面麻酔」で注射麻酔の痛みを軽減
  • 「細い針」を使用して針の痛みを軽減
  • 「電動注射器」で電子制御されたゆっくりで圧力の少ない麻酔を行います。

麻酔の痛みが少なく、治療の痛みが無ければ、歯科治療は怖いものではありません。「無痛治療」といわれることもあり、安心して治療が受けられます。

出来るだけ歯を削らない取り組み

日本では銀歯の被せ物をすることがよくあります。これは、保険適応の治療で一般的な治療法です。
しかし、実は被せ物の治療は歯を削りすぎていることがあります。
当院では、むし歯が大きく無い場合では、むし歯のところだけを削り直接詰める治療を推奨しております。

マイクロスコープ、ルーペによるむし歯治療

歯科治療に欠かせないのが拡大視野化での治療です。もちろん経験やスキルも重要ですが、見えることもとても重要です。むし歯治療の際に使用します。

むし歯の分類

初期むし歯

(C0~C1)この時点では症状が出ることは少ないです。冷たいものにしみる、デンタルフロスで引っかかることがあります。

治療法

経過観察をする場合が多いです。つまりむし歯を削らず、進行を防ぐための指導を行います。ただし、進行した場合は治療が必要になりますので、定期的に検診に来てもらう必要があります。

知覚過敏

むし歯ではありませんが、冷たいもの、歯磨き時、うがい時にしみる症状があります。

治療法

  • 欠損が無い場合:知覚過敏防止の薬の塗布
  • 欠損がある場合:白い詰め物でふさぐ

~TCHという癖~
歯を長時間、持続的に歯を接触している癖で、下記の症状を引き起こします。

  • 歯がしみる(知覚過敏)
  • 顎が痛い(顎関節症)
  • 歯のすりへり(咬耗)
  • 歯のヒビ、割れ(歯の破折)

対策

どのような時にやってるかを自覚し、コントロールする必要があります。パソコンやテレビ、時計の隅など目につく所に歯を離すという張り紙を貼ると自覚しやすいです。気が付いたら肩の力を抜いて、深呼吸しましょう。

中等度のむし歯(C2)

むし歯が歯の表面を超えて進行した状態です。こうなると「冷たいものでしみる」「甘いものでしみる」「歯が欠けた」「食べ物がつまる」などの症状が出てくることがあります。無症状の場合もこの時点ではまだあります。

治療法

この場合は治療が必要になります。むし歯を除去して修復する必要があります。

「ダイレクトボンディング法」

前歯や、奥歯の穴が小さい場合、インレー(部分的な被せ物)での治療ではなく、ペースト状の素材を直接歯に詰める治療法です。
インレーに比べて削る量を最小限に抑えられ、一回での治療が可能です。材質には保険適用のコンポジットレジン(CR)と、セラミックが混じっている保険外治療のハイブリットセラミックスの2種類があります。

ダイレクトボンディング比較

利点

  • 1.歯の切削量が少ない
  • 2.見た目が白くて綺麗
  • 3.1回で治療が出来る(2回の時もあります)

欠点

  • 1.数年すると着色してくる
  • 2.適応範囲が限られる。むし歯が大きい場合は適応できない
欠損が大きい場合

このような場合は、形態修正後、歯型を取り技工士に歯の形態を作成してもらいます。
当院では光学印象法を導入しておりますので、型取が苦手な方はご相談ください。

インレー・アンレー

インレー・アンレー

むし歯の範囲が大きいが、全体的に被せずに部分的に被せる方法です。神経を保存した治療に主に使われます。

クラウン

クラウン

むし歯の範囲が大きく、全体的に被せ物で覆う方法です。必要に応じて使用します。

深いむし歯

深いむし歯

むし歯がかなり深部まで進行し歯の内部の神経まで進行している状態です。ここまで進行すると「歯がズキズキ痛む」「温かいものがしみる」などの症状を伴います。

治療法

歯の内部の神経に細菌が感染している可能性が高いです。神経を保存できるかどうかが問題になってきます。当院では神経の保存が可能な場合は積極的に保存します。

歯の神経を保存する治療

現在、初期の神経への進行であれば、神経を保存することが可能となってきました。神経を保存できると歯の寿命が延びます。治療の回数も少なくなり、様々なメリットがあります。
ただし、必ずしも成功するわけではありません。神経を保存する最後の砦として考えてください。
当院では、出来る限り神経を保存したいと考えており、成功のために3つの要素を取り入れております。

マイクロスコープ:拡大視野(感染物質を見極める拡大鏡)

ラバーダム:感染制御(神経を術中感染させないための遮断膜)

MTAセメント:緊密封鎖(神経と外界を遮断するために有効なセメント)

MTAセメント

歯の神経を綺麗にする治療

むし歯が神経へ進行すると一気に神経内に広がります。その場合は、感染している歯の神経組織を取り除き、内部(根管)を綺麗にする必要があります。いわゆる「根管治療」が必要になってきます。

根管治療

根管を綺麗にするには、専用の器具で感染している組織の除去が必要です。根管内は細く複雑な形態をしていることが多いので、精密な治療になります。

根管治療

神経内部を汚染させない取り組み

治療中に唾液が歯の内部に侵入するとそこでも感染が起きてしまいます。そこでラバーダム防湿という方法を行っております。

ラバーダム防湿

治療時の根管内への細菌の侵入を防ぐためゴム製のシートで歯と口腔内を遮断します。(歯があまりにも少なく使用できない場合は、シート以外での防湿を行います)これにより、根管治療の成功率が上がるとされています。日本ではあまり使用されませんが、アメリカの歯内療法専門医はラバーダムの使用率が90%以上と言われています。

ラバーダム防湿

(日本におけるラバーダム防湿使用率)

日本歯内療法学会誌より改変

マイクロスコープのよる根管治療

マイクロスコープを使用することにより、肉眼では見えない汚れや異常を発見しやすくなります。マイクロスコープは根管治療に様々な恩恵を与えてくれます。

CTによる感染根管の見える化

根管治療において、CT撮影による診断はとても有効になります。

再根管治療(神経治療の再発)

一度歯の神経の治療が終わっても、また再発する場合があります。「歯茎が腫れる」「噛めない」などの症状が現れます。その場合は、もう一度根管治療をやり直す必要があります。再治療はさらに難しい治療になり、より精度の高い治療が必要になります。根管治療で治癒しない時は「外科的歯内療法」が必要な場合もあります。

外科的歯内療法

歯ぐきを切開し、感染部を直接摘出する手術法で、「歯根端切除術」と呼ばれています。確実に感染部を摘出することが重要で、マイクロスコープを使用して治療を行うことにより、正確な感染除去が可能となります。

歯根端切除術

当院では可能な限り歯を保存する治療を推奨しております。治療期間は長くかかってしまいますが、きちんと通って治療を行えば治る歯も多くあります。治療期間・治療方法・治療後の予後等について十分説明を行い、治療させていただきますので、ご安心ください。

Pediatric dentistryPediatric dentistry小児歯科

当院では小児に対して予防を中心とした歯科治療を行っております。
キッズルームを完備し、ベビーカーで診療室まで入ることが出来ます。
まずはお子様のペースに合わせて治療を行います。遊びながら歯医者さんの雰囲気に慣れてもらい「怖い歯医者さん」というイメージを無くしてもらう様努めます。歯のお掃除やフッ素塗布を中心に処置を行います。
また、お子様の歯の予防のためのアドバイスをさせていただきます。